EVER-GREEN

アクセスカウンタ

zoom RSS 大粒納豆

<<   作成日時 : 2005/08/28 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
突然ですが、ボクは納豆なら断然大粒が好きです。小粒の納豆100パックをタダでもらえるくらいなら、大粒納豆を1パックもらえた方が嬉しい。(なんちゅう例えじゃ・・・)納豆の世界に選挙というものがあったなら、迷わず大粒納豆さんに、比例区なら大粒納「党」に1票を投じたい。そんな人です。

でも、世間は小粒納豆の支持者が多い。スーパーの納豆売り場を見ても、圧倒的に小粒納豆の品数が多いんですよ。それに引き換え、大粒納豆は3種類くらいしか置いてない。大粒派としては寂しい限りデス。

しかしながらボクとしては、大粒納豆のほうが断然ウマい!!と、声を大にして言いたいです。その理由は山ほどあるんですわ。
まず、「噛み応えがある」。大豆を食べた、納豆を食べたというあの豆を噛んだ時の歯ざわり。歯にままとわり付く豆一粒一粒の存在感。これは小粒にはないと思いますね。小粒納豆は歯にまとわり付かない。まとわり付くのはあのねばねばだけ。これでは豆を食べているのか、ねばを食べているのか分かったもんじゃない。
次に「豆そのものに旨みがある」。ふっくらと炊かれた大粒納豆の美味しさ。大粒だと大味になるんじゃないの?と、思う方もいるでしょうがそれは違う!豆一粒ごとに旨みが一杯詰まっている。小粒だとどうしても旨みに乏しい。だから、アオノリだとかタレだとかそういう付属の味付けに頼ってしまう。大粒だとそんなもの要らない。大豆そのものの味が濃い。だから豆本来の力だけで朝から丼メシおかわりが可能なワケです。
最後に「豆の大きさからくる安心感」。大粒納豆にはホッとするものがある。大地の大らかさというか、母の優しさというか、我々の心を包み込んでくれるような何かがあるんですよ。朝食に大粒納豆があると、心が安らいだ中で一日が始まるんですよ。小粒納豆にはそれがない。包容力がないんですよ。大粒納豆からはきっとアルファー波やマイナスイオンが出てるに違いない・・・まあそれは言いすぎですが、それくらい大粒納豆にはパワーがありそうな気がするんですよ。

そうそう、納豆の世界にもこんな言葉があるんですよ。
「人気の小粒、実力の大粒」って!(ウソ。でも実際でもありそう)

まあ、大粒だろうが小粒だろうが、納豆は日本が世界に誇れる素晴らしい食べ物です。
明日も朝からネバネバかき混ぜましょう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大粒納豆 EVER-GREEN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる